「西原」どっちがどっち

2020.7.10 Fri

ある5歳児クラスの男の子が歌っていた歌。

それを聞いて「なんの歌なの??」という話になり、保護者の方が楽譜を持ってきてくださいました。

そして、今日、みんなで歌ってみることに。

「おしお と おさとう まっしろで

どっちがどっちか わからない

どっちが どっち どっちが どっち

なめてー みーたら わかりますー

ということで、比べてみることに。

手の上に「おしお」と「おさとう」をそれぞれのせて、あてっこを!

しっかりと観察をしていました。

中には「キラキラしている方が砂糖だ!」と気付く子供も。「粒の大きさが違う」などの声も。

子供の興味が色々な「学び」や「気づき」につながることを実感した出来事でした。