【西原】積木あそび

2020.7.14 Tue

雨が続き、室内での活動が増えながらも、子供達は室内でも楽しくあそんで過ごしています!

ロータスプリスクールでは特に「積木あそび」に力を入れています。

今日は、3クラスで積木で遊んでいました!

積み木は自分から遊び方を教えてくれません。使う人の創造力によって大きく変化します。

また、手先の器用さ、バランス感覚、集中力や空間認識・友達と協力してあそぶことで連帯感や協調性など、本当に多くのことを学びます。

また、積み上げていく=成長していく、崩れる=失敗する 時には子供は積木を自分を投影されるとも言われています。

1歳児クラス 初めは積木を崩す経験から「どうすれば積めるようになるのか分かり」「積むことを楽しんでいます!」

3歳児クラス 1歳児クラスよりも小さい積木を色々な積み方をして工夫しています。

5歳児クラス 積木を利用して、自分たちがイメージしているものを作って、物語やイメージの世界で遊んでいます!