みかんの種を植えたら、どうなるの?

2021.1.20 Wed

【西原園】

1月14日(木)の給食にみかんが出ました。

種有りみかんの子どももいたようで、れんげ組2人の子どもたちが興味を持ちました。

「この種を植えたら、みかんができるんだろうか?」

みかんの種類、植える時期、植え方、栽培に必要なもの・・・図鑑やタブレットを利用したり、

大人に質問をしたりして、とことん調べました。

 

1月20日(水)

遂に!!

2人の中で、答えがみつかりました!

『カルシウムが入っている土をバケツに入れて、お日様が当たる場所に置く。

水やりも必要』ということで、必要な材料集めが始まりました。

 

みかんに似ているレモンの木を植えている土と、

いつも遊んでいる園庭の土。何が違うんだろう???

じっくり観察したり、触ったりして考えています。

「わかった!栄養満点の土なのかもしれない!!」

保育園の園芸用品を探しに行き、プランター・園芸用の土を発見して

早速植えてみました。

わかば組の子どもたちも、2人の様子に興味津々。

虫眼鏡を持って来て、土や種を観察させてもらいました♪

種を掘り出されないように、対策もばっちり。

看板を設置するそうです。

生活の中での好奇心や探求心から始まった遊びです。

納得するまで調べる・人に質問して教えてもらう・気づきを話し合う・調べたことを挑戦してみる・

継続して世話をし、観察する等、たくさんの学びに繋がりました。

 

現在、玄関に置いてありますので、温かく見守っていただければ幸いです♪